2018年02月12日

ガルパフルコン埋めメモ 〜その4〜

少し日数が経過してしまったが、ティアドロップスのフルコン達成!
これでレベル25曲は制覇!


難所は言わずと知れた、3連横断スライドと
終わり際のトリル地帯の2箇所。

それ以外のとこは、ミラーOFFでもONでも
まったく問題ないので、難所に合わせて
どっちに設定するか探る事から始めた。

結局問題の2箇所のどちらもミラーONの方が
安定させやすそうな感触だったので、
その方針で決定。

加えて、横断スライドは終点側の手で
引っ張るようにした方がやりやすいので、
左手→右手→左手で交互に取るようにした。

# ここは個人差もあって、
# 得意な方の片手で処理した方が良いって
# 意見もある様子。






さて、攻略にあたっての備忘録。

難所は2箇所とか言いつつ、実は
慣れるまで不安定だった箇所が他にも2箇所あって、
その1つ目が「赤から青に変わる〜」の後の
トリルからロングノーツに入るところ。

ティアドロップス_0.jpg
※画像はミラーONの譜面。

あんみつで取るまでも無いけど、一応それでも
やれるってぐらいに意識をしたら安定した。

2つ目が、長い間奏の入り口の
ロングノーツが縦列で出て来る箇所。
しっかりリズムに合わせて指の置き/離しをするよう集中。


そして本題の内の1つ目でもある3連横断スライド。
どうも3本目が遅く来るんじゃないか疑惑が
自分の中であったのだが、別にそんな事は
無かったらしいw
まあ逆に言えば、2本目処理後
ゆっくり落ち着いて3本目に取り掛かるぐらいの
意識で良いと。

ティアドロップス_1.jpg
※画像はミラーONの譜面。
※左が1本目処理中、右が2本目処理中の画像。


終わり際のトリル地帯。
加速前は4×2の8個。
加速後は7×2の14個。

ティアドロップス_2.jpg
ティアドロップス_3.jpg
※画像はミラーONの譜面。

この加速後が問題で、当初あんみつで
処理した方が良いかとも思ったが、
それもやりにくい。

譜面確認用動画をスロー再生するとかして
リズム憶えようともしたけど、
どうも俺にはムリっぽい。

結局流れに任せてリズミカルに叩いて
上手く行ったらいいな、って言うお祈り戦法w
安定しないや。


曲がりなりにもレベル25帯を制覇できたところで、
個人的なFC難易度格付け。

4強は、テーゼ、ティアドロ、君ダメ、CiRCLING。

CiRCLING は、レベル25とは思えないノーツ数の多さと
それに伴う譜面の難解さ故に。

君ダメは、回数こなしてもどうにもならず、
初めて譜面解析の必要性に駆られた点から。

ティアドロは、本ページに書いた通り、譜面解析したところで
本質的な攻略法が見つからず、最後まで残った事から。

テーゼも、譜面解析&攻略法を見つけてから
実際にそれを実行出来るまでえらく苦労した事から。

客観的に見て、テーゼが最難関かなぁとは思うが、
個人的にはティアドロと甲乙つけがたいってのが正直な気持ち。


ラベル:ガルパ バンドリ
posted by ヌマ at 23:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

ガルパフルコン埋めメモ 〜その3〜

現状、レベル26のFC達成数は11曲。

アルケミー
いーある
ドリパレ
レドフラ
熱色
前へ
アドベン
わちゃもちゃ
1000回
レールガン
カルマ




特に難所があるという訳ではないが、
ロングノーツと連打の組み合わせによる
緩急織り交ぜた譜面が曲中の大半を占めているので、
結果どこも気を抜けないという感じ。

ツイッターにも書いたように連打の相手は
右手が務めるようにしたいので、ミラーはONで安定。

1000回、前へ、リトバス、ブラシャはミラーON。



忙しい譜面なので速度は早めに設定。
それに伴いノーツも10%大きくした。

Bメロの2連ロングの2つ目でコンボが途切れる事が多かったが、
指を早めに動かす事を心掛けたら安定した。

レールガン.jpg




特記事項なし。
思ってたより苦労したなぁと。



「残酷な天使のテーゼ」ついにFC攻略完了。
速度10.1、サイズ180%、ミラーOFFの標準設定。
より上位レベルの譜面は知らないけど、
25〜26帯で登場したあらゆるアトラクションを
網羅した遊園地のような譜面だって印象。
25最難関と言われるだけある。


「微笑んでるあなた」のとこで来る6連トリルだが、
同時押し×3で乗り切ることも可能。
音ゲー用語で「あんみつ」というテクニックらしい。

テーゼ01.jpg


この曲に限った事ではないが、個人的に
横断スライドは始点と逆側の手で引くように
取りにいく方がやりやすいので、右手で。

テーゼ02.jpg



サビ中盤、
右側だけロングノーツが来る箇所について、
対になる左側のノーツ数はいずれも2個ずつ。

テーゼ03.jpg

テーゼ04.jpg



「神話になれ」のトリルもあんみつで
同時押し×6として対処。

テーゼ05.jpg



個人的に意識した事はこのぐらい。

さて残るはティアドロか……。

ラベル:バンドリ ガルパ
posted by ヌマ at 01:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

ガルパフルコン埋めメモ 〜その2〜

今回で、レベル26曲でのフルコン達成は、
アルケミー、いーある、ドリパレ、レドフラ、
熱色、前へ、アドベン、わちゃもちゃの8曲。

この辺りは25の難曲よりFCよゆーだと思う
(よゆーではない)




前へススメ!。
以前から、FC取れそうだな……。
ミラーONにした方がやりやすそうだなぁ……。
と目をつけてた曲で、やってみたら案の定だった。

前へ、リトバス、ブラシャはミラーON。



思いの外あっさり。
鬼門はリング状のロングノーツくらいかなぁと。



大は小を兼ねるの考え方で、これまで速度は
目がついていく範囲で速いに越した事ないと
思い込んでたけど、ちゃんとタイミングも取れる
スピードでやる事が大事だと気付かせてくれた曲。

物量多めだけど、それだけかな。



わちゃもちゃから2時間粘着してどうにか達成。
音ゲーでこんなに真面目に攻略取り組んだの初めてだ。


中継点付きで最後がフリックの直線ロングが意外と厄介で、
ちゃんと中継点を過ぎてからフリックしないとミスになる。
いや、ただのフリック終点ロングも同じなんだろうけど、
心理的な影響だろうか。

その対策として速度速くしたいけど、そうすると
ラスト付近の2点同時押しラッシュがやりにくくなるジレンマ。

最終的に速度を遅くして、ここは目だけで追わず、
耳でリズムに合わせてフリックする事を強く意識した。
当たり前の事なのかもだが、普段グレが多い事からも、
如何にその辺が雑だったかがよく分かる好例。

君ダメ00.jpg



問題の2点同時押しラッシュ地点は、
速度を遅くすれば反応できるかと思ったが、
なかなか安定しない。
また遅すぎるとそれはそれでやりにくくなるので
やりやすい速度探しにも難航。
動画を撮って譜面を憶える事にした。


リズムとしては

チャララチャララチャララチャララ

なので、3つずつ4組に分けて位置を把握する事にする。

@チャララAチャララBチャララCチャララ


@チャララ
君ダメ01.jpg


Aチャララ
君ダメ02.jpg


Bチャララ
君ダメ03.jpg


Cチャララ
君ダメ04.jpg



ロングノーツ3連発。
1つ目は、きっちり曲がり角を意識する事。
君ダメ05.jpg


2つ目は、ウネウネが第6、7レーンだけなので、
指をそのどっちか、もしくは間に置きっぱなしでホールド。
君ダメ06.jpg


3つ目は、ウネウネが第2、3レーンなので、
同様にホールド。
君ダメ07.jpg


君じゃなきゃダメみたい攻略できたので、
今後のターゲットは、残り2つとなったレベル25曲か
カルマあたりかなぁ。

ラベル:ガルパ バンドリ
posted by ヌマ at 11:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

ガルパフルコン埋めメモ


ガルパーティ&ガルパライブで高まった事もあってか、
今年に入ってからガルパのフルコン埋めが
思いの外捗ったので、備忘録としてまとめておく。

設定は曲ごとにやりながら変えているが
現時点では速度10.1、ノーツサイズ180%が
だいたい基準になっている。

因みに、iPhone6、いわゆる親指勢。



リトバスとブラシャはミラーON。



25の中でも難しい方だと思うCiRCLINGで達成出来たので、
更にまたモチベ上がったんだと思う。



気が向いた時にチャレンジしては挫折してたハピマジを
ようやくクリア。



この後2曲ともフリーでFC達成。
これまであまり挑戦してなかったから残ってたけど、
他の25の難曲よりは甘めだと思う。



この2つもハピマジと同じように
特別難しいところはないが毎回どっかで躓くタイプ。
陽だまりもそんな感じだったな。

とにかく残す25はティアドロップス、君じゃなきゃダメみたい、
残酷な天使のテーゼの3つだが、ちょっとやってみて
まだしも26のがやれそうだと早々に見送る方向で決定。



元々FC出来ていたアルケミー、いーある、ドリパレ、Red fractionの
4曲に続いてレベル26帯で熱色も達成。
これも別段難所はないが、通しで成功させられなかったタイプ。

とりあえず現状ここまで。


ラベル:バンドリ ガルパ
posted by ヌマ at 21:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

コル玉バスツアーin山梨 〜お前は山梨おくりだ!〜

まずは、暑い中おそらくまともに食事を取る時間もなく
1日中動き回ってくれた上坂さんや運営スタッフさん達に、
最大限の感謝を。


丸々一週間経ってしまったけど、
4月16日に行われたバスツアーのレポートを
メモ書きとして残しておこうと思う。


東京駅鍛冶橋駐車場に集合。
自分は1時間前くらいに着いたが、既に駐車場付近の歩道は、
知り合いと語らう同志たちや俺みたいにスマホいじってるぼっち同志、
別ツアーのお客さんや家族連れなどで賑わっていた。

<8:45>
ほぼ定刻通りに受付開始。
当選メールに書かれていた号車の担当添乗員さんから
ツアーパスを受け取って各々のバスへ。

バス01.png
バス02.png
バス03.png
ツアーパス表.png
ツアーパス裏.png


しばらく隣席の人らと談笑していたらおもむろにすみぺ登場!
可愛い攻勢で迎えられる(お約束)

各バスを回って挨拶回りしている旨、
今日のツアーに向けての挨拶、
行きと帰りのバス車内でのアレ(SNS禁止)についての説明、等々。

バスツアーと言えば定番の例の件に絡めてなのかは分からないけど、
すみぺからの
「食材は意外と多くて、ウインナー1本だけとか云う事はないです。」
というコメントにドッと湧く車内。

しかし、すみぺが、朝、東京に来るのか、
それとも山梨直行なのかは、事前に公開されていた
PDFの旅のしおりには記載されておらず、
半々に捉えていたのでこれは嬉しかった。

<9:15>
同じようにすみぺが朝の挨拶をしている2号車を横目に1号車出発。

添乗員さんからの挨拶や諸注意、帰りの降車場所は
八重洲口側ではなく丸の内口側になる案内を受け、
各種配布物の配布開始。

粗品としてのコル玉タオル、
注文者への本名晒しの刑なツアーTシャツ、
紙ベースでの旅のしおりは、すみぺの直筆コメントと
落書きが印刷されてた。
行程表のチェキのとこには、ポーズ考えておいてね!の文字

タオル01.png
タオル02.png
アンケ.png


<10:35>
八王子IC過ぎた辺りから一時ノロノロ運転になりつつも
順調に進み談合坂SA到着。

<11:05>
談合坂SA出発。

<11:35>
一宮御坂ICから一般道へ

<11:40>
予定より20分遅れで、御坂農園グレープハウス到着。

看板.png



指定のテーブルに着いて同志たちと語らいつつ、すみぺの到着を待つ。
尚、食材は確かにすみぺの言う通り、わりと多めで、
且つ別途追加注文も可能なようメニューが置いてあった。

食材.png



やがて、すみぺ登場。
例によって可愛い攻勢(ry
それに対して、
「可愛いって言ったヤツ、肉没収ーー!!」
と到着早々笑いをとっていた。

あと、
「道混んでなかった?」
って質問もしてたけど、すみぺは車移動じゃなかったのかな?

しおりの行程表には
「すみぺがお茶を配ります」
と書かれていたのにテーブルには最初から
それぞれの参加者分のペットボトル置いてあって、
これは、後の方の人が干からびちゃうからと云う
すみぺの発案で、お茶を注いで回る方式に変更となった模様。

そして、早速最初のテーブルから同志にお茶をこぼしてしまうすみぺw
ご褒美だ!w

その後もあちこちのテーブルでやらかすw
すみぺ曰く「これ(ポット)が悪い!!」

お椀をすみぺが受け取って手酌のように注いだりもしてたので、
お茶を自分の手にかけてしまって
「熱っ!熱っ!!」
となるシーンも。

この時までのすみぺの格好は、
ニュータイプの連載でネジ工場行った時のによく似てた。
側面片側3箇所ずつと腰に穴が空いていて、
そこに水玉のリボンを結びつけてるという違いはあったが。

貴重なパンツルックのすみぺを間近で拝めて重畳だった。
そして何より、すみぺが、額に玉のような汗を浮かべながら
歩き回って注いでくれたお茶の有り難さよ。

ブラレTシャツに反応して貰えて、以前の指ぬきグローブの時同様、
物持ち良いですねと言ってもらえた。

お茶.png



<13:15>
お茶を全員分注ぎ終えたすみぺ一旦退場。

<13:20>
会場後方のモニタでヤバい○○も上映開始。
会場に比してモニタサイズ小さいし、音も聞こえなかったし、
わざわざここで観るものでもなかったので印象が薄い。

<13:25>
今回のツアーTシャツ+スカート姿に着替えて戻ってきて
引き続き2ショットチェキ撮影会。

お茶を次ぐ方式に変更した事で時間が押していた為、
私語禁止となり、必然ポーズ指定も無しとなる。

2人掛けのベンチに並んで座って、御坂農園のボードを
2人で持ちながらの撮影なので、
どの道細かいポーズ指定は難しかったと思う。

撮影の前後は一人一人に、
「宜しくお願いします」
「ありがとうございました」
ときちんと挨拶してくれたり、
ポーズ指定無しとは言え、
咄嗟に相手のポーズに合わせてくれたりと
すみぺの機転と優しさに感動。


チェキ撮ってる横で須藤さんと佐野さんによる、
アンケートへの回答を同時進行。

うろ覚えだが、ヤバい○○での収録について
イジってる訳ではないが、色々好き勝手やらせてもらってると
云う回答に対して、チェキの合間に指で頭グリグリする
(頭大丈夫か?)のポーズで須藤さんを煽ったり、
チェキ終了後に佐野さんの元へ近寄るやいなや
佐野さんの頭をペシッと叩くすみぺが印象的だった。


<14:20>
同志の協力もあってチェキ会が非常にスムーズに進んだ結果、
押してた時間を完全に取り戻してオンタイムでトーク&抽選会開始。

アンケートの質問に答えていくすみぺ。

すみぺの思う山梨の名物は?という質問にしばらく悩んでから
「…三澤さん。あと銀河万丈さん!
 あとは……」
に対して会場から挙がる数人の\なつ姉!/の声。

これにすみぺは、
「ええっ!?なつ姉さんも山梨なんですか!?
 そんな事、一言も言ってくれないから…」
と返してたけど、かこのやり取り、らんらんホールでの、
てさぷるイベでも見たようなw

・なつ姉さんとは2週にいっぺん文化放送のトイレで会う。
・パンクな髪になってて、だりーなに影響を受けたみくにゃんみたい。
・『三十路ライフ楽しいですか?』と訊いたところ、
 『まだそんなに変わってないよー』と返されたとの事。


印象的な先輩の言葉は?という質問に対しては、
収録一緒なので最近毎週ゆきんこさんとご飯に行くとの事で、
その時に、
「ラクに楽しく稼げれば良いんだよー!」
と言っていて流石だと思ったとの事。

きっかけの質問忘れたけど、
・来週ブリドカットセーラさんがウチにお酒を飲みに来る。
・日本酒がお好きみたい。
・ウチが頂き物で酒蔵みたいになってるので。
って話もしていた

逆にすみぺのマイブームは何か?という質問には、
・家で酒飲んで踊る事。
・気がつくと腕とかに痣が出来てる。

また、トーク中、うっかりこの先の「ヤバい○○」の
ネタバレをしてしまい、しまった!と恐る恐る
須藤さんの方をみるすみぺと、それに対し(頭大丈夫か?)ポーズで
煽る須藤さんとの応酬が面白かった。


抽選会の景品はすみぺセレクトの本10冊。

横光三国志とか横溝正史小説とか戦車やロシア旅行の本とか
当選した人に、どの本が良いか希望を聞く以外に、
職業や生い立ちを聞き出して、合いそうな本をすみぺが選んだりもしてた。


最後に、すみぺからの重大発表として、
NEWシングル&ライブ円盤発売とそれに伴うリリイベ告知。
大きく湧き上がる会場!

\イチゴ狩るぞー!/
と最後に皆で拳を上げてBBQ〜トークショー終了。


<15:15>
バス乗車。
車内のあちこちが吉報にテンション高まってたのが印象的だった。

<15:40>
いちご狩り農園着。
号車ごとにそれぞれのビニールハウスへ。
すみぺとは畝を挟んで、目の前に来た時に話せる接近戦。
すみぺは、のんびり歩きながら同志との語らいに興じつつ
たまに屈んでいちごをもいで食べるといった感じだった。

いちご、大きくて甘くて美味しかったけど、
甘すぎるのと意外に腹にたまるので、
数個食べたらもういいかなって感じになった。
すみぺは、全部で何個くらい食べたんだろう。

へた入れ.png
イチゴ.png
イチゴ農園.png
イチゴ幟.png



<16:25>
1号車は15分押しくらいでいちご狩り農園出発。

<16:35>
甲府南ICから中央道へ乗り、すぐの境川PAにて休憩。
5号車を待つ為、長めの休憩。

<17:30>
出発。
18時過ぎ猿橋付近で渋滞に捕まる。

<19:40>
予定にはなかったが藤野PAでトイレ休憩。

<20:00>
降車場所を新宿駅に変更の案内。

<21:00>
首都高を下り、新宿駅西口へ。

元々の行程表にも書かれていなかったし、
流石にすみぺによる締めの挨拶はないだろうな。
いちご狩りからの流れ解散みたいな形になるのは残念だけど仕方ない、
と思ってたら、すみぺ待っててくれてた!
横断歩道を走って渡ってきてくれたり、
同志の終電の心配してくれたりと、
本当にこれには感動した。

<21:10>
降車時に、添乗員さんからすみぺブロマイド受け取って解散。
当初の予定18:30から大きく遅れての到着となったが、
すみぺの良いところがまたたくさん見つけられて、
本当に最高の1日、最高の思い出となった。
 
 
posted by ヌマ at 22:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする