2009年07月11日

エヴァ破のパンフ

今週ずっと忙しくて先週末に観てきたヱヴァ破のパンフ、
今日やっと読みました^^;

厳重に封印されてます

evapamp01.jpg

最初、手で綺麗に剥がそうと思ったけど、
エライ粘着力でとても剥がせそうになかったので
結局ハサミで切ることに・・・最初っからそうしとけば良かった

さて中身ですが、ほぼ鶴巻監督へのロングインタビューのみという
なかなか珍しいストイックな構成
(無論、劇中シーンのカット、グッズやらなんやらの商品紹介はあります)

タイトルにもなっている「破」について、
旧作との相違点とその解説等が語られています

最もわかりやすい差分要素としての新キャラ「マリ」ですが、
大月Pからの要請により登場することとなったようです
まぁそれ自体は、興行的な意味での話題性を考えれば、
(歓迎されるされないは別として)よくある話だし、
別にそこまでアレルギーを起こすようなことでもないのですが・・・

やはりちょっとキャラクターに違和感が拭い切れません
十余年前の庵野と現庵野、
双方から生み出されたキャラに同一性を持たせろっての無茶な話なのか
あるいはそもそも、キャラ設定の味付けを
他の誰かがメインでやったのか

そういうところも含めて「破」なのだから
このような一種の気持ち悪さを感じられたなら
それは庵野総監督の思惑通りなのかも知れません


また、もうひとつの大きなファクターとして
アスカに割り振られた役割についても記載されています
曰く「アスカにも物語りに関わってほしかった」とのこと
たしかに、精神面でずぶずぶと沈降していくアスカを
新劇場版でまた見せられるのもちょっとアレなんで
これはこれで良かったのかも知れません
予告で垣間見られたカットから、
次回もまたはっちゃけた様相を呈しそうなので、
どんな仕掛けがあるのか楽しみにしておきたいと思います


そういえば使徒の出現順というかナンバーも変わっているんですね
こないだ金曜ロードショーで見たときは気付かなかったのですが、
サキエルは第四使徒となっていて、
今回冒頭で仮設5号機と戦っている新使徒が第三だったようです
なんとなくエヴァ版ガンパレを思い出しました

で、今書いてて気付いたんですが、"5"号機なんですね
2号機も弐号機ではなくなっています
そんなとこにまで深い意味があるのかはわかりませんが

なんにせよ、次回が非常に楽しみです
また2年後ですかね?
しかし、完結してから全部まとめて観ようと思っていた
当初の意志はどこへやら・・・まぁいつものことかw

evapamp02.jpg

このレイはねーよw
タグ:エヴァ
posted by ヌマ at 02:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。