2012年02月12日

『おなかのなかの、なかのなか』あさのますみ



おなかのなかから声がする?!
「ホットケーキにハンバーグ
 ごちそう ごちそう ふってこーい!」

人気絵本作家・長谷川義史×
気鋭の作家・あさのますみがお届けする
森のくいしんぼうたちの楽しいお話。



とても食いしん坊のねずみのチュッチ
そんな彼が、森の他の動物達に食べられてしまったら
どうなるのか、というお話

上記のように、過程だけを客観的に淡々と書いてしまうと
なにやらエグイ話のようになるが、もちろんそこは児童書
実際にはコミカルで微笑ましく描かれています

食物連鎖・弱肉強食の世界を覆すチュッチの逞しさ、
ふてぶてしさは、大人の目から見ても小気味良い
この逆転の発想が、実にますみんらしいな、と感じました
もちろん、イイ意味でw



さて本日は、青山ブックセンター本店で行われた、
『おなかのなかの、なかのなか』刊行記念イベント
あさのますみ トーク&絵本朗読会

に参加してきました

当初は、本書に関わる制作秘話を一通り述べてから
朗読会へと移行する予定だったようですが、
その場で受け取ったばかりの本ということもあってか
未読の参加者が多かった為、急遽朗読会を先行して
行うことに

脚本あさのますみ
チュッチ浅野真澄
ネコ浅野真澄
ライオン浅野真澄
ヘビ浅野真澄
ナレーター浅野真澄

なんと豪華なキャスティング!
チュッチはちっちゃな子供風、ネコは少年声、
ライオンはピザ風で、ネコはお姉さん声でした

しかし、生で、且つ身近で聴かせて頂く
声優さんの演技は迫力ありますね
当たり前のことかもだけど、やはりプロだなぁと
感心させられました

引き続いてのトーク会

・『おなかのなか〜』の話は随分前に仕上がっていたが、
 何かと多忙な長谷川さんの絵待ちをしていたとのことで、
 この時期の発売となった
・アイデアは子供の頃、お腹の中には
 実際に"腹の虫"がいると思っていた事から
 また、その"腹の虫"の中にも"腹の虫"がいたとしたら・・・
・本書に出てくる食べ物は、子供の頃に聞いて
 テンションの上がるものから選んだ
 特にホットケーキがお気に入りだったとのこと
・取材と称して、子供たちと触れ合うことを
 「子供狩り」と呼んでいる
・知人の子供らと逢う機会はあるが、
 1対1だと相手も緊張してか、なかなか自然に触れ合えない為、
 体験保育士をしたいと常々思っていた
・体験させて貰えることになった保育所の出勤(?)時間が
 朝8時過ぎに町田ということで、始発で行くぐらいの
 気概で臨んだ
 (声優業は基本10時から)
・弁当持参ということだったので、人生で初めて
 自分で弁当を作った
・そのとき弁当箱を買うことから始めるはめになったが、
 サイズを選ぶのに大いに悩んだ
・奔放な子供たちのペースに、どのくらいの強さで
 ツッコミを入れたらいいか戸惑った
・2度目の訪問時には「よつばと!」を好きな保育士さんが居る
 ということもあって、あずま先生同伴で臨んだ
・その際、あずま先生も弁当箱を買うところから始めた
・本日のイベント参加者に配る為のチョコを自前で用意したが、
 とりあえず交際費だか何だかの名目で領収書を
 切ってもらっている
・本の見返しには、何本もの木が描かれており、
 その中の1つにシミのように小さく(本人談)
 チュッチが隠れているので探してみてね
 (しかも表表紙側と裏表紙側で別の位置に隠れてる)
onakanonaka05.jpg


トーク会終盤の質問コーナーでは、
親子で参加していたリアル幼児から
「なんで、『おなかのなかの、なかのなか』なんですか?」
というキラーパスな質問を受けて困っていたのが印象的でした


最後はサイン会で締め
参加者ひとりひとりに結構な時間を割いて頂き、
その上、チョコレートまで用意して貰って
本当サービス精神に溢れた人だなぁと思います

トークも盛りだくさんの内容で、
また随所に小ネタを仕込んでくるので、
終始笑いが絶えず、本当に楽しいイベントでした

また、次があったら絶対参加しよう

onakanonaka03.jpgonakanonaka04.jpg
onakanonaka01.jpgonakanonaka02.jpg


【追記:ご本人様のブログ】
イベントでした、ありがとう!

ラベル:読み物
posted by ヌマ at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。