2012年12月21日

『魔法少女育成計画 restart(後)』遠藤浅蜊



ひたすらに激化していく、囚われの魔法少女たちによる生き残りゲーム。残酷かつ一方的なルールの下で、少女たちは迷い、戦い、一人また一人と命を落としていく。警戒すべきは姿の見えぬ「マスター」か、それとも背後の仲間たちか。強力無比な魔法が互いに向けられる時、また一人新たな犠牲者が生まれる――。話題のマジカルサスペンスバトル、第二幕の完結編!最後まで生き残る魔法少女は、いったい誰なのか!?コミカライズも決定した話題作です。


後編も読了
前作も良かったけど、今回のrestartはそれ以上の出来だと思う

ゲームマスターの思惑、魔王と目される者達の思惑
それぞれの魔法少女達の能力に、ふとした出来事
現実世界での彼女達自身、果ては前作にあたる魔法世界の不祥事

すべてが伏線となっていて無駄がない
そしてそれら無数の伏線が至って自然に回収されていく

そのように作品の構成面が非常に美しく仕上がっているが、
ストーリー面についても申し分のない面白さである

前編からの流れで序盤は犯人探しのミステリー
中盤からはそこにいよいよバトル要素も加わって、
少女達それぞれの魔法特性をフルに使った闘いは
みんなチートじゃねぇか、と思わずにはいられない

ホントこの中盤以降は、闘いの様相だけでなく、
物語が核心に迫るに連れて、二転三転と変化を見せて
最後まで気が抜けない

また、登場人物達も丁寧に描かれていて大変魅力的である
16人からいる魔法少女ひとりひとりについて、
普段の立ち回りや言動から、それぞれの個性が
読者にちゃんと伝わってきて愛着も持ちやすい

そして、そんな娘があっさりと殺されちゃったりするのも
この作品の大きな魅力なんじゃないかなと (←アブナイ発言だなぁw)

とにかく、読み応えある作品、気骨ある作品を求める方に
安心してオススメできる一品です
ラベル:読み物
posted by ヌマ at 00:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

『魔法少女育成計画 restart(前)』遠藤浅蜊



「魔法の国」から力を与えられ、日々人助けに勤しむ魔法少女たち。そんな彼女たちに、見知らぬ差出人から『魔法少女育成計画』という名前のゲームへの招待状が届く。先に進むたびに大きな自己犠牲を要求する、理不尽なゲームに囚われた16人の魔法少女は、自分が生き残るために策を巡らせ始める……。話題のマジカルサスペンスバトル『魔法少女育成計画』に続編が登場!新たな魔法少女たちの生き様に刮目せよ!


知らぬ間に続編が出ていたので、前後編まとめて購入
とりあえず前巻読了
読者をグイグイ引き込むストーリーと文章は変わらずそのままで安心

今回は、現実世界ではなくゲーム空間が主な舞台
ゲームの目的も魔法少女同士のバトルではなく、
パーティー組んでクエストをこなそうという協力的なもの

まぁこれが表向きな話なのは言わずもがなw

1人、2人と命を落としていき、やがて物語は
誰が?何の為に?
といった感じにミステリー色を強めていく

そういう意味で、異能バトルと不意打ちに彩られていた前作とは
今のところ、だいぶ趣が異なる様子

さてさて、後編はどうなることやら

期待しつつ本を覆っているビニールを破り捨てて、即読書再開

ラベル:読み物
posted by ヌマ at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月31日

"アイステ!!! FIRST LIVE HEART AND SOUL" Blu-ray


ista_1stlivebd.JPG

待ちに待ったアイステ!!!1stライブBDの発売日!
俺にとっては間違いなく過去最高に高まったライブの映像ということで、
当日の興奮と感動が蘇ってくるようでした
壇上の3人も本当に楽しそうで、歌っている表情や仕草、
リウムに反応する様子なども改めて確認できて、
その感動も相乗効果でマシマシな感じですw

特典映像についても、貴重なリハーサルの様子や、
BD発売を前にしての3人座談会と1人ずつのインタビューも
たっぷり収録されていてかなり見応えがあります
物販待機列の前をはらみー&あずみんが足早に
通って行った件の真相も語られていたり・・・

まずは12/12発売予定のニューアルバム
そして2ndライブへと繋げて行きたいものです

<過去記事へのリンク>
アイステ!!! 1stライブ "HEART AND SOUL"
# そいやぁ、ぷらTWOぅ公録の翌日だったんだよなぁ
# 益々もって感慨深い

ラベル:アイマス
posted by ヌマ at 01:28| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

アイマス一番くじとVANあずみんポラ

「一番くじアイドルマスターPart2」目当てに近場のショップに開店凸
ちなみに5人目
前の人で1セット目が完売となりましたが、
2セット目を限度の20個引きで、目的のA賞と
雪歩ラバーストラップを引けたのでオールオッケー!

っていうか、A賞2つにB〜Eまで総なめなので大勝利すぎでしたw
F賞のラバストは店員さんから、当選数の10個好きに取ってくれ、
と言われたので縦に10個掴んだらすべてバラバラでした
G賞のブロマイドは店員さんから3つ渡されましたが
全部同じ柄ww こっちこそ選ばせろよ
雪歩のいるグループだったらそれでも良かったんだけど、残念・・・




それにしても今回のラバストは激ぷりちー♪
紐の色がイメージカラーになってるのもイイですね

rubber_strap02.JPGrubber_strap03.JPG


バンプレストのうたソロバージョンは、トラックの最初1分以上
ドラマパートが入ってるのはちょっとなぁ、と思いました
唄自体が思った程には、ネタソングでないだけに余計に・・・
カワイイ歌い方の響
緩急の使い分けが巧い真
ロックテイストでカッコイイ貴音
どれも良い感じです


話かわって、Voice Angel NEOのプレゼントであるブロマイド
なんと当たってましたw
ツイッターで、金曜の夜に当選した人の報告が上がっていて、
まぁ狭き門とは云え一応応募した身としてポストのチェックはしたのですが、
(ってか最近はポストチェックしない日とかほぼ無くなりましたがw)
一昨日は疎か、昨日の夕方も空だったので、諦めていただけに
今日の夜に竹書房さんからの投函物が差し込まれていたのは
完全に不意打ちでした

それにしても発売当初、店舗特典で最後まで
対象店舗が謎だったはらみーポスター目当てに
一緒に買いに行った友人共々当選したのは、
縁というか世界は狭いというかw

とにかくお互い推しの声優さんの生写真当たって良かったね♪
あと、あずみんのサインが「Azuni」ってなってるのはご愛嬌w

azmn_bromide.JPG
ラベル:アイマス
posted by ヌマ at 23:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

CoD4カスタムクラス晒し

発売から丸5年経とうとしている本作ですが、まだやってたりしますw

長いこと続けてるだけで、腕前の方は相変わらずさっぱりなんですけどね^^;

せっかく金武器コンプした事でもあるし、その辺中心に自分の使ってるカスタムクラスを紹介します
今更需要あるかは置いといて…w


AK47
サイレンサー
弾薬帯
ストパ
照準

メイン装備その1
近〜中距離用
減衰強くなっても位置を悟られない事のが大事
中距離までなら充分戦える


ウージー
サイレンサー
弾薬帯
ストパ
照準or体調

近距離特化
普通に強いが、連キルしづらいのが難点


M60
グリップ
ストパ
ディーパク

HSチャレンジしてて最終的に落ち着いた装備
長所伸ばす形で遠距離重視で組んだが、結果としてHSもこの方が出易かったように思う


ベネリ1014
ノーアタッチ
弾薬帯
ジャガノ
体調

メイン装備その2
至近距離用
走り込み重視
弾がすぐ切れるので弾薬帯必須


ドラグノフwith金のディーグル
ノーアタッチ
弾薬帯
ジャガノ
照準

どうしてもSVD使いたくて、ありとあらゆる組み合わせで散々試行錯誤した結果の構成
メイン・サブ共に弾が不足がちなので弾薬帯
アンチスナイパーとしてジャガノ
近距離乱射用に照準(ぉ

当たり前ですが、移動する際はサブのハンドガンで
パーク2・3はディーグルとも相性が良い


P90
サイレンサー
弾薬帯or特3
ジャマー
照準or体調

メイン装備その3
UAV対策としてジャマー付き装備をひとつは常に入れておきたい
昔は特3使ってたけど、最近は何か投げるヒマあったら走る派
パーク3はそのときどきで


M4
ドットサイト
処理班
ジャマー
ディーパク

HC用
そんだけ


RPD
グリップ
ストパ
ディーパクor照準

定番セット
強い
ヒャッハーしたくなった時に使う


M16
ドットサイト
弾薬帯
ストパ
ディーパク

遠距離用
こちらもラクしたいときに偶に使うかな


全体的に、サイレンサー+弾薬帯多め
弾が足りなくなるってことがないなら特3でも良いかと
フラ3は、否定はしないけど、個人的に殉教と並んで初心者用装備だと思う
自爆を前提としたRPGだけは認めませんけどねw

ラベル:COD
posted by ヌマ at 09:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする